生命保険と役員退職金

生命保険を活用して退職金の準備をする事が出来ます。
生命保険で準備するメリットは保険料を損金算入出来る事、
経費として扱えるため、法人税負担を軽減出来ます。

役員退職金を準備する必要性について考えてみたいと思います。

握手の画像

役員の退職金は、大抵の場合役員退職金規程に沿って決められます。
役員退職金規程というのは、 役員の退職金を定める際に
トラブルが起こらないよう、 あらかじめ役員の退職金の計算の仕方や
支給方法、 支給日について定めたルールのことです。

役員退職金規程の制定は
法律に寄って義務付けられているわけではないので、
制定されていない会社というのもあるでしょう。
しかし、役員退職金規程がない場合、
トラブルが発生してしまう可能性があります。

もし役員退職金規程がない状態で役員に退職金を出そうとすると、
その金額を決めるのは役員会に一任されます。
その役員の功績を元に金額を決めるのが正しいのですが、
もしここで功績以上の金額を支給しても、違法にはなりません。

しかしその後、他の役員や株主から不満が出たり、
脱税の疑いをかけられたりする可能性が大いにあります。
そうなった時に、不正がないということを証明する手段はありません。
このように、トラブルを未然に防ぐためにも役員退職金規程は必要です。



ビルの画像


TOPページ保険の営業マンの話