通信販売と営業マン

保険に加入する場合、営業マンや保険代理店などを利用する以外にも
インターネットや郵送など、ダイレクト通信販売で保険に加入する方法があります。

営業マンのセールスに抵抗がある人は
ダイレクト通信販売の保険の方が良いと感じているかもしれませんが、
詳しい保険の内容が分からなければ自分で調べるしかありません。
代理店を通さないので、中間手数料などのコストがかからない為
保険料が安くなるメリットがありますが
受付は本社でしか行っていないので、担当者の対応や
いざという時の柔軟性にかけるデメリットもあります。

申込から資料が手元に届くまでに1〜2週間かかる事が多く
手続き完了までに1ヶ月以上かかる場合があります。
また、資料請求をして、加入しなかった場合
DMなどが何度も届くわずらわしさがあります。

営業マンを通して加入する場合、勧誘に抵抗を感じる人が多いでしょうけれど
納得いくまで詳しい説明を受ける事が出来ます。
医療保険などでは、タバコを吸わない人や優良体など
基準をクリアした人に適応される割安商品も多く存在します。
非喫煙割引や優良体割引を受けるには営業マンを介して
所定の審査(唾液チェック等)を受ける必要があるのですが
これを利用すれば、ダイレクト通信販売よりも
割安の保険に加入する事も可能になります。

信頼できる営業マンに出会えれば、
手厚くしたい部分や費用を抑えたい部分など
自分に必要な保険を紹介してくれますし、
見積りや手続きなども最短で行ってもらえます。
健康状態の審査基準に不安がある人でも
持病の部分を除き補償対象にする方法や
一定期間経過すれば通常保証が受けられる方法など
細かな面までサポートや提案をしてくれる人もいます。

加入者本人だけが説明を受けていた場合
本人がケガや病気で保険の手続きが出来ない事も多いです
契約内容や保険金請求の手続き方法など
家族を対象に説明してくれる営業マンは
信頼できる営業マンと言えるのではないでしょうか。



TOPページ保険の営業マンの話