信用出来る保険営業マンとは

自分の求める保健選びが出来るかどうかは
信用できる営業マンに出会えるかどうかに大きく左右されます。
保健の相手の話をよく聞いて、
望んでいる事や困っている事などの要望を聞き
出来るだけ相手の要望に応える事の出来る保険を紹介できる営業マンは
信頼できる営業マンです。

話もろくに効かず、同じものしか勧めない
専門的な事ばかりの説明やマニュアルどおりの説明しかしない人は
自分の売上成績やノルマの事しか考えていなかったり
商品に対して知識が少ない営業マンでしょう。
そんな人が自分の担当者になれば契約後のサポートも期待できません。

信用できる営業マンかどうか見極めるポイントとしては、
保健の知識が無い人にでも理解できるように説明してくれるかどうか、
疑問に思う事はどんどん聞いていきましょう。
補償や商品の概要だけの説明しかせず、
契約後の保険料や保障について、
具体的にイメージ出来る説明をしてくれるかどうかチェックしましょう。

他社の悪口や商品をけなす営業マンも信用できません。
他社の商品であろうが、自社の商品であろうが、メリットとデメリットがあります。
人それぞれライフライフスタイルが違いますので
この補償を手厚くしたい、保険料を抑えたいのでこの補償は押さえたい
などなど、メリット・デメリットも人それぞれ違います。

将来に対する不安材料をどう軽くしていくか
相手のライフスタイルに合わせた保険プランを紹介できる人、
生活環境が変わった場合に保険プランをどう変更すればいいか
分かりやすく教えてくれる営業マンは信頼できると思います。
こちらの条件をよく話した後、
後日改めて契約プランをいくつか紹介してくれる。
その場合にも、疑問や不安に対する質問や疑問に
分かりやすく説明してくれる営業マンであれば
契約後のプラン内容の追加や削除など
相談やサポートをしっかり出来る営業マンでしょう。




TOPページ保険の営業マンの話