生命保険の予備知識

保健を選ぶ際にまずは知っておきたいのが保健のタイプです。
まずは、掛け捨て型と積み立て型について

掛捨て型は
解約してもお金が戻ってこない(もしくは途中解約でわずかに戻るが)
満期終了後に掛金が戻って来ない保健。
保険料を安く抑える事が出来る代わりに 、 契約期間中に
保険金を受け取らない限り 掛金が戻って来ない保険になります。

積み立て型
契約の満期終了後に、保険料の一部が戻ってくる保険。
月々の保険料は高くなりますが、
保険料の一部に利子を付けた額が戻ってきます。

掛捨てが得か積み立てが得かは場合によって異なります。

夫婦の画像


生命保険は、定期保険・養老保険・終身保険
大きく3つのタイプに分けられます。
それぞれの特徴を把握して自分にあった将来設計を選ぶ必要があります。

・定期保健:掛け捨て型
保健期間が決まっている保険です。 掛け捨て型なので
保険料を安く抑える事が出来ますが、 満期金や解約返済金はありません。

養老保険:積み立て型
補償期間の終了時には、保険金額と同等の満期金を受け取れます。
貯蓄性が高いですが月々の保険料は高くなります。

終身保険:積み立て型
満期返済金を受け取る事は出来ませんが、
払込み期間が終了した後も、補償は一生涯続きます。



TOPページ保険の営業マンの話