保険選びのポイント

保健を選ぶ時に何を基準に比較検討するべきかは
その人の生活スタイルによって違います。

ポイントとして押さえておきたい事としては
・必要な保障
・補償が必要な期間
・保険料を生活に負担をかけすぎないか
・保健で貯蓄をするのか

生命保険、医療保険、火災保険、自動車保険など
この先必要になる保証はどんなものなのか、
その補償は何年間くらい必要なのか。

例えば生命保険ならば、
独身であれば死亡時の保障は高額にする必要は無いですが
家族がいて、その大黒柱であった場合
子供が小さければ、社会人になるまでにかかる学費や生活費など
もしもの時に備えて、それなりの額にしておく必要があります。
補償額が高額になれば当然保険料も高くなります。
子供が社会人になって、夫婦で暮らしているならば
高額な生命保険よりも、老後の事を考えて医療保険を手厚くしておくべきです。
若いうちに入れば月々の保険料も安く抑えられますし
医療保険の場合健康でなければ入れないものが多いです。
生活を圧迫してしまうと、保険料を払い続ける事が厳しくなってきます、
掛捨てタイプや終身タイプなど、
プランの変更や見直しをしていく必要があります。

赤ちゃんの画像

保健を選ぶ、又は見直すタイミングとしては
→独身(社会人になった時)
自分自身の為に入院保障のついた保険
→結婚
男性ならば死亡保障、
女性ならば妊娠・出産前に女性保険
→子供が生まれれば
死亡時の保障を手厚くする
高校・大学などの学費を考え貯蓄型の保険を準備や
マイホームを考えているなら、必要性の低い保健の補償を下げる
→子供が独立すれば
死亡時補償を下げ、医療補償を充実させる
退職後の事も考えれば、医療は終身保障が安心できる

など、必要になる保険の優先順位は年齢によっても変わっていきます
保険料の負担と補償が必要になる期間を考えて
保健を選ぶ必要があります。

夫婦で歩く



TOPページ保険の営業マンの話