第一印象は重要

営業マンは自社のサービスや商品を購入してもらうために
サービスや商品を紹介・説明し、納得してもらうのが仕事になります。
納得してもらうにはまず話を聞いてもらわなければ始まりませんし、
購入してもらうにはセールスマン自身が信用されなければなりません。
初対面でセールを行う機会も多い営業マンにとって
第一印象は重要になります。
信用性・誠実さなど、好印象を与える事が出来なければ
商談を上手く進める事は出来ません。

第一印象をよくするには、 身だしなみを整えておく事と
ビジネスマナーを身に付けておく必要があります。

最低限の身だしなみとして気をつけておきたい事は
・スーツがよれていないか
・髪型は整っているか
・爪や髭の手入れは出来ているか
・靴が汚れていないか

ビジネスマナーでは
丁寧語・尊敬語・謙譲語の使い分けが正しくできているか
電話の対応がきちんと出来ているか
・正しく名刺交換が出来ているか
笑顔や目線の配り方に不自然さが無いか
などを身に付けていなければ相手に与える印象は悪くなってしまいます。

ビジネスマナーを身に付ける事で
相手に不愉快な印象を与えないだけでなく、
マナーに添った正しい動きで相手に接する事でスマートに動くことが出来ます。
その結果、自分の評価を高くする事も出来ます。

ビジネスマナーを身に付けていなければ、
どうすればいいか分からずうろたえてしまう場面も出てくるでしょう
マナーを身に付けていれば
落ち着いて自信を持った行動
を取る事が出来
相手におどおどとした態度を見せずに済みます。


TOPページ保険の営業マンの話